外為FX業者の比較と選び方
   外国為替初心者のための基礎知識

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 ストップ・ロスポイント
損切りポイント、英語のstop loss point (level)からきています。 ディーラーなどが相場でポジションを持った際、相場の動きが自分の持っているポジションの反対方向に行ってしまった場合に、そのポジションを持つことを諦めて、手仕舞うレベルのことです。 例えば、あるディーラーがドル・円を1ドル=100円で買ったとします。もし自分の予想に反してドル・円が下落した場合、再び上昇し始める可能性もあるので99円まではそのままポジションを持ち続けるけど、99円を割ってしまったら、1円以上の損失のリスクをとることは、相場が再び上昇しなかった場合のリスク(損失)が大きすぎるので、99円を割ったところで、1円の損失は出てしまうけれど、ともかく今のポジションを諦めてドル・円を売ってしまうとします。その場合、この99円がこのディーラーのストップロスポイントということになります。 ストップロスポイントの決め方は、ディーラーにより違いますし、その幅も様々ですが、多くのディーラーがチャート分析をしてそのレベルを決めるので、ストップロス(損切り)注文がある(テクニカル分析的に重要な)レベルに集中することもあります。その場合、そのレベルを切ると損切りが大量に発生して、更に相場の動きを加速することにつながります。 
スポンサーサイト

用語 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:1
(2006/03/12(日) 00:32)

<<短観 | ホーム | 外国為替証拠金取引 業者の選び方>>

コメント
  プライマリーケアでばっちりダイエット
患者や家族が最初に接する初期医療のこと http://manipulate.consultsmartz.com/
URL | #- | 2008/10/31(金) 10:18 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hjf8471002.blog96.fc2.com/tb.php/6-4c06cc64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 外為FX業者の比較と選び方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。